2017年4月15日土曜日

新刊「翻訳ツール大全集」を出版しました

4月14日に、2作目の電子書籍「翻訳ツール大全集」を出版しました。



この本は、様々な形で翻訳業に携わる方全員に手に取って頂きたいという思いを込めて作りました。


値段が値段なので、とりあえず中身を確認したいと言う方は、Kindle Unlimitedで読めるのでそちらをまずはどうぞ。


この本が、これからの「最低ライン」であり「デフォルト」となる時代が、近いうちにやってきます。


本についての詳しい案内を知りたい方は、以下の案内ページをご確認下さい。

http://jiyuugatanookite.com/lp/daizenshu/



また、合わせてKindle第一作目もどうぞ。

2017年4月14日金曜日

就職活動が「人生の一大イベント」なんて真っ赤なウソ

今でも時々、こんなタイトルで就活関係の記事が上がっているのを目にするけど、


こんなもんタダのまやかしですよ。


だって、就職活動をして就職したって、その会社で一生仕事をし続けるなんてことはないでしょ?


それに、会社が潰れるかもしれないし(最近、てるみくらぶの件もあったし)、


そもそも「学生の貴重な数ヶ月という時間を使って就活をする」って、費用対効果が読めないってことに学生は気づいたほうがいいです。

いや、これが「会社に入れば一生安泰」っていう時代だったら、半年くらいの期間を使って就活する価値はあると思いますよ。


だって、その半年で向こう40年の勝ち組か負け組になるかがほぼ決まるので。


でも、今はそんな時代じゃないですから。



それを未だに「就活は人生の一大イベント」と謳っている大人達は、本当に頭が悪いのか、それとも学生を騙しているのか。


まあ、会社員なんて大半が同じような「下らない就活」を経験してその地位についているわけなので、彼ら彼女らが既に洗脳されてしまっている、と考えるのはある意味妥当。



しかし、こんな下らない世界に入って自分の価値を下げてしまう学生達が可哀想。


同じ半年を使うなら、自営で最低限やっていけるだけの基礎体力を付けるとか、そっちに力を割いた方がいい。


だって、その方向にエネルギーと時間を使ったことは、自分を裏切らないから。


就活って結局、自分のためでも何でもなく、最終的には会社にエネルギーと時間を吸い上げられる活動、ってことに気づいた方がいいね。








2017年4月4日火曜日

2017年の課題図書は「全ての教育は「洗脳」である」




この本、自分が読んだ中では久しぶりに名作ですね。


大学生、特にいわゆる「いい大学」に今在籍している人は、在学中に読んだ方がいいです。


とくに、第五章に書かれてある会社の仕組み。これを頭の片隅に入れておくと、いざとなった時に自分を客観視・メタ認知することができます。



とは言っても、学生の目線でこの本を読んで気づける人は多くはないのでしょうけど…。自分は過去を振り返ってこの本の内容を肌感覚で理解できるので、自分がそこをもっと伝えられるようにならないといけませんね。



2017年3月23日木曜日

正しい政治家を選べば世の中が変わる

というのはただの幻想。


だって、他人は意図せず変わるから。



政治なんていうシステムは、1つ、いや2つ前の時代のシステム。まあ、もともと機能不全を起こしていたけれども(笑)



政治で世の中を変えるなんてただの幻想だし、それに淡い夢を抱かないほうがいい。



じゃあどうするのかというと、「自分を変える」。これだけ。


自分に時間とエネルギーを投入して、自分でお金を稼げるようになる。


今はインターネットもあるから、最低限のリテラシーを身につけていれば自分で最低限のお金を稼ぐことは可能。


月に5万円でも自分で稼げたら、見える世界が違ってきますよ。


自分の力で生活保護と同じ額を稼げたら…。


まずはそこから。というか、そこで自分が変わって見える世界が変わると、政治なんてもっと信用しなくなりますよ。




ただ働き者の集まりって…

翻訳のハッカソン?!ロンドンでTED翻訳者の集いに参加してきました



賑やかなイベントなんだな、と思って読んでいましたが、そもそも仕事じゃなくてボランティアワークだということが分かってびっくり。


「翻訳の勉強になるから」という動機も必要だとは思いますが、そもそもその経験が仕事に繋がるのか?ってところが抜け落ちていると思います。


翻訳の仕事と言っても、ジャンルが様々ありますし、自分の専門をどこにするのか?ということ(ゴール)を決めてからでないと、こういうことやっても時間とエネルギーの無駄ではないのかな…


翻訳自体が楽しいから、という理由もあるようですが、皆さん、お金と時間が有り余っているんですね。僕は翻訳は好きですが、慈善事業で自分の時間とエネルギーを使えるだけの余裕はないです(というか、仕事でしているのできちんと対価は頂きたい)。


正直な話、こういうステップを踏むことでフリーランスとして一本立ちできるのか?と言われると、答えは「否」じゃないでしょうか。別にこういう人が情報発信することは悪いとは思わないですが、これを見て「この方法が正しいんだ」と思ってしまう受け手が増えるのは見るに堪えないですね…。


こういう人の情報発信って、「生存者バイアス」の側面が他の人より強いはずです。というのも、この人と全く同じようにトレースしても、同じ結果を残すことはほぼできないから(というか、そもそもどこまで稼げているかも怪しい)。


僕は数年前から「再現性のない話に価値はない」ということに気づいて、「どうやったら自分以外の人でも結果を残せるのか?」ということを考えることにフォーカスを始めました。


それが、去年出したKindle本だったりするわけで。


この本では「結果を出すためにどういうことをしたのか」ということを、できるだけ具体的に書くように努めました。

もちろん、人それぞれバックグラウンドが違うので、全く同じ真似をすることはできないわけですが、それでも成功確率を高める、可能性を高める、ということはできるはずです。


情報の受け手が、生存者バイアスを見破るだけのリテラシーを身につける必要がありますね。




2017年3月20日月曜日

イケハヤさんの劣化コピー多すぎない?

最近ネットの世界を見ていて思うけど、


イケハヤさんの劣化コピーが多すぎるように感じる。


ブログで「殿堂入り記事」を紹介したり、
noteで有料記事に導線を貼り付けたり。


これ、全部イケハヤさんが走りですからね。


ブログ見ていて「ああ、パクったな」って気づきますよ(苦笑)



いや、僕はイケハヤさんはすごいと思っていますよ。1人であれだけの結果を出されている訳ですから。


ただ、それをこぞってパクる人達は好きになれませんね。



というか、他にもすごいネット起業家はいますからね。


和佐さん、原田さん、木坂さん、新田(みんてぃあ)さん…。


劣化コピーの人達はこういう人達からも学んでいるのかな?って思いますね。


最近見ていて食傷気味なんで、もうちょっと面白い人達が出てきて欲しいなあ…





2017年3月15日水曜日

意識高くないとフリーランスはできないのか

なぜスウェーデンではスマホのアプリで確定申告ができてしまうのか?



こういう「意識高いフリーランス」が海外にうじゃうじゃいると、これだけ意識高くないとフリーランスやれないのか…と思ってしまい、こっちが意識を失ってしまいそうだという(笑)


しかし否、別に意識なんて高くなくてもフリーランスはできますよ、ということを実証していきたい。


まあ、僕は実際に意識失いそうですがやっていけているので(笑)


ちなみに、日本の確定申告ってそんなに難しくないですよ。毎週帳簿をきちんと付けて、控除のシステムや源泉徴収の仕組みを理解して、何を経費で落とせるのか、減価償却はどうすればいいのか、ということを、1つずつ理解していくと、文字通り「数字に強くなる」ことができます。


海外の確定申告の事情はよく知りませんが、簡単にできてしまうと自分の売上や所得をしっかり見つめることができなくなってしまうんじゃないかな…という危惧も個人的にはあります。


だって、簡単=頭を使わない、ってことですからね…。


まあ、こういうブログを読んでいると、「個人事業主のための確定申告マニュアル」というコンテンツを作って販売してもいいかなあ、と思います。